宅配クリーニングの保管サービスを徹底比較

宅配クリーニングの保管サービスは店舗によって値段もサービス内容も様々です。
そんな宅配クリーニングのサービスを徹底比較しました。
比較対象は実店舗で長年クリーニング業を営んできた老舗のクリーニング点に絞りました。

 

まず最初は60年の歴史のあるリネットです。
リネットは会員数10万人という大手のクリーニング店です。
リネットでは保管パックサービスを行っていて7点からとなります。
期間は最大8カ月間預けることができます。

 

リネットには安心価格できっちり管理してくれるスタンダードコースとワンランク上の高品質のハイスタンダードコースがあります。
スタンダードコースでは7点パックが7000円、12点パックが12000円、18点パックが16800円で預けることができ、特典として抗菌加工ソープ、アパレル使用の立体プレス、無料シミ抜きをしてくれます。
ハイスタンダードコースは7点パックが14000円、12点パックが24000円、18点パックが33600円で預けることができ、スタンダードコースの特典に加えてミンクタッチ加工や全品不織布カバー付き、熟練の職人による手仕上げ、汗抜き加工、撥水加工、特別発注の防虫剤使用の6つもの限定特典がつきます。
リネットは割引クーポンもあるので上記の値段よりも安く洋服を預けることもできるのでこまめにホームページを確認するとお得です。

 

2店舗目は創業55年のリナビスです。
こちらの保管パックは通常価格に無料オプションとして付けることができ、最大6ヶ月間預けることができます。
通常価格は5点で7000円、10点で9800円、20点で16000円となっています。こちらの値段に無料で保管パックが付けられます。
ただし、リナビスは熟練した職人が丁寧に作業に集中しているため会員数を限定しています。
会員は10000名までとなっているので、サービスが受けられない場合もあるので注意が必要です。

 

3店舗目は34年の歴史があるせんたく便です。
せんたく便では最大9カ月間預けることができます。
保管パックは5点で5780円、10点で7780円、15点で9780円、30点で17780円です。
このサービスはクリーニングに出してそのまま預けることのできるサービスとなっています。
預けるスケジュールは2パターンあり冬物衣料は3月から預けて最大11月30日まで預けることができ、夏物衣料は9月から預けて最大5月31日まで預けることができます。

 

このようにサービスは店舗によって異なるので自分に合った店舗を選びましょう。

宅配クリーニングのトラブルは大丈夫?トラブルを未然に防ぐ方法は

自宅では洗えないようなものでもきれいにクリーニングできるため、多くの人が利用している宅配クリーニングというサービス。
料金もリーズナブルなことが多く、大人気となっていますが、反面トラブルも頻発しています。
企業側にも経営努力がありますが、利用する側でもトラブルを未然に防ぐ努力をしなければなりません。

 

事例としては、次のようなものがあります。
まず、ボタンなどの備えてあったものが壊れたまま返却されてしまった。
そして、洋服などがアイロンをされておらず、くちゃくちゃの状態で戻ってきたなどです。
こういうのを防ぐために、宅配クリーニングを利用するには、実績や評判を参考にしなければなりません。

 

評判が良い店であれば、万が一の場合にも適切な対応をしてくれることが多いですが、評判がよろしくない店だと、対応が不十分であることもあります。
そのため、利用する際には、事前に次のようなことをしておくと良いでしょう。
まず、クリーニングに出すものを写真に撮っておきます。
こうしておくことによって、万が一破損などがあった場合にも、証拠として有効です。

 

また、店員に関しては、自分が望んでいることをはっきりと具体的に言うことも大切です。
具体的に、どこの汚れを落としてほしいのかを、きっぱりと言います。
また、汚れた理由や何で汚れたかを、メモなどにして渡すと、より効果的であると言えます。
また、宅配クリーニングは担当者と直接対面するわけではないため、利用する際には細心の注意を払わなければなりません。

 

最近最も増えてきているトラブルが、クリーニングに出したものを紛失されるというトラブルです。
この場合、クリーニングに出したものが行方不明になっているため、見つけだすことは非常に難しいです。
また、事例によっては、担当者が紛失したものを探さないと言うことも起こっているようです。
そのため、宅配クリーニングを利用する際には、自衛策として、大切なものや高価なものは依頼しないと言うことが挙げられます。
こうすれば、万が一紛失された場合でも、ダメージを最小限に抑えることができます。

 

また、ホームページを熟読することも忘れてはいけません。
保証額は最大いくらなのか、キャンセルなどは受け付けてもらえるのかも、しっかりと確認しておきます。
こうすることによって、宅配クリーニングで、トラブルとなる確率は減らすことができ、万が一の場合でも安心することができます。

宅配クリーニングは布団も送れる?保管サービスも使える?

自宅で洗うのがなかなか大変なものといえば布団です。
ダニ、ホコリ、ハウスダストなどから身を守るためにはできるだけ布団を清潔に保つことが大切なので、丸洗いをしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
中には丸洗いに対応していて洗濯機で洗えるものもありますが、大きな洗濯機でなければとても難しいといえるでしょう。
また、洗濯機にしても、お風呂場で手洗いをするにしても、水分を吸っているだけに重量が重くなってしまうので乾かすにしても一苦労なのです。

 

タオルや洗濯物でもそうですが、1度水分を吸ったものは重量が予想以上にあるため、例え男性でも大変な労力を必要とします。
乾かすにしても日当たりのよいベランダやバルコニーまで濡れた状態の物を運ぶ必要がありますが、きちんと乾かすことができなければ逆にカビが生えてしまう原因にもなるので注意が必要です。
もしも自宅で洗う場合には洗えるようになっているものかどうかを確認したり、しっかり洗って干す、という大切な作業があります。

 

「布団を清潔にしたいけれど、自分で洗ったり、クリーニング店に持ち込むのは大変」「高価な寝具を使っていて買い直しをするのに費用がかかってしまう」というそんなお悩みを解決してくれるのが宅配クリーニングです。
あまり知られていませんが実は宅配クリーニングでは衣類だけではなく、布団の丸洗いを行ってくれる便利なサービスがあります。
ダニ、ホコリ、ハウスダスト、汗などの汚れをしっかりと洗い流してくれると同時に、布団をきちんと乾燥させることで新品のようにふわふわの気持ちいい状態へと導いてくれる、という家庭の味方です。
定期的に丸洗いをして、清潔な状態をキープすることで健康のため、そして眠りの質をも向上させてくれる効果があります。

 

全国各地、自宅まで引取に来てくれますから重いものを持ったり、運んだりといった大変な思いをしなくても済みます。
さらに、保管サービスというものがありますから、「自宅のクローゼットや押入れに保管しておくスペースがない」という方でも助かるのではないでしょうか。
想定されるケースとしては、クリーニングに申し込んでご家族や友人が泊まりにくる時に再び送ってもらう、といった押入れ代わりに使用する便利な使い方ができます。
クローゼットや押入れのスペースが空けば、それだけ別のものをしまえるのでお部屋も片付くといった嬉しいメリットもありますので、興味のある方は利用してみてはいかがでしょうか。